あらしさんのこと ひとりごと 

大好きなあらしさんのこと 思ったこと 覚書

まだ2枚

みなさん、日々楽しんでますかね?

手元に届いたレコメモは、大ちゃんから見る気満々だったさくではありますが、正直見ちゃうのももったいないような気分もあり。若干ふわふわした気持ちでパッケージを開けていたら。母登場。

母「潤くんのから見るでしょ?」 我(え?なんで潤くんから? しかも母も見るのっ?!)と言いたいところだったけども。大ちゃんいきなり一緒に見て変な声出したり、泣いたりするのを我慢して気を遣うのもなんだしなと。やや上から強めのおねだりをあっさり受け入れ、初回なぜか母と潤くんVerから一緒に見ました。

潤くんのディスクを入れているワシの背中に向かって、母「大ちゃんのは一人で満喫しな」ですと。何気にオタク心をわかっておる(笑)

 

初日、母と潤くんをの終わってから一人で大ちゃんのも見て。見て。見て。

あ~、かわいいよぉ。そうだよそうなんだよ、この人かわいいんだよぉ。え~? でもこんなにかわいかったっけねぇ? いやそうなのよ、かわいいのよぉ。と、おまえ誰としゃべっての?状態が止まりませんよね。最近あんまり見れてなかったから、LIVEのDVD。なんか刺さりまくるな。なんなんそのぴょこぴょこは! いちいちかわいい。ファンサしてる時はもちろん、ただ移動してる時もずっとかわいい。メンバーと見つめ合えば最高にかわいいし、歌えばうまいし、いい声だし。踊ればあっけにとられるほどに、めちゃくちゃカッコいいし。ずーーーーっと、かわいい~! うまっ! や、かわいい~! て、たぶんニタニタしながら見てました。よかったです、一人で見れて。

なんだかんだ、自分のなかで大ちゃんのことは【封印】という言葉が一番しっくりくる感じで。この先のことも、今のことも、過去のことも。大ちゃんについては、想像を頼って自分の感情を動かすことをしないで待つ。ただただ、目の前に提供されている、見れなかった大ちゃんの姿を愛でることに集中する。という修行みたいな感覚でいるためか、みんなみたいに素直に泣くって感じにならず。

*1

 

そんなんで心一杯満たされてその日寝たんですけど。ここからずっと来る日も来る日も、潤disc⇒智disc⇒「おまえどこにいんだよって常に言えよ俺に」⇒潤disc⇒智discのループから抜け出せず、ようやっと昨日にのちゃんdiscを見ました。にのちゃん、ずっとにこにこしながらお手振りしてましたね。このにのちゃんにもLIVEでしか会えないんですよねぇ。こちらもかわいかったです。なんか、見終ったあとに、どうしても映画には入っていない、その後の嵐の姿を見たくて。超久しぶりに2019年の5×20の「Love so sweet」からラストを見ました。いいね。やっぱり嵐はいいね。

ソロの映像を繋いでくれたお宝盤も、もちろん幸せにしてくれるのだけど。メンバーと一緒に、5人でわちゃわちゃしてる姿にはとんでもない多幸感があって。ぶわっとね。フル充電されるんだな。これは、他の何にも埋めることが出来ない幸福感。嵐のいない日常を知って、ますます痛感しますな。

 

あと相葉ちゃんと翔ちゃんをゆっくり見て。そして映画館でしか見たことのないレコメモにも来月中には手をつけたいと思います。

 

 

 

 

*1:1拍おいて今になって心配、自分が(笑) こんなんで大丈夫かしら。

言い忘れてた

嵐さん

結成23周年、おめでとうございます。

 

翔ちゃんは、ゆっくり休んで体をいたわってね。

 

そして、記念日にちゃんと間に合うようにレコメモを発送してくれてありがとう!

大ちゃんと潤くんのマルチから抜け出せなくて、なかなか先に進まないけど(笑) 今まで双眼鏡と格闘しながらも絶対見れなかった景色をこの目で見ることが出来て、ものすごい幸せ噛みしめてます。

噛みしめすぎてお祝いエントリー忘れてた(笑)

 

そして、今、潤くんの生配信が終わって。ワシが長年ここで夢見ていた『嵐ランド』という単語が、まさか潤くんの口から発せられる日か来るとはっ‼️ 震えてますっ。

嵐のためなら、なんだって頑張るよ!

 

休止中でもわくわくさせてくれる潤くん、大好きだよ✨

再配達ありがとう~!


f:id:nadi1126:20220914191351j:image

届いた~! 観るっ! 

今夜、絶対見る。本当は大ちゃん観たらそのまま潤くんを観たいけど、それだと明日仕事にならんよ。という冷静な突っ込みをする自分と闘っている。

潤くんの生配信のアンケートも書いて送ったし。

17日の休みも確保したし。

今週はめちゃくちゃ嵐三昧ですよね、みんな。嵐さんは休止中かもしれないけど、私たちはめちゃくちゃ忙しいんですよ。どーです? どうなんですか? と嵐さんに変なマウントをかけたくなるくらい楽しみがてんこ盛りですよ。

 

あ。だけど大ちゃんVer いっぺんに摂取しても大丈夫なのかな? 耐えられるか、自分。ていうか、もったいないから小分けにした方がいいのかしら? ま、とりあえず。観よう。それから考えよう。

30代最後のお誕生日おめでとう!

一日遅れてしまいましたが、潤くんお誕生日おめでとうでした!

 

39歳のお誕生日に際し、FCで動画でお顔を見られて嬉しいです。3人はもとより、大ちゃんとのやり取りもシェアしてくれて感謝であります。今でもメイキングの打ち上げの席で「お前どこにいんだよって常に言えよおれに」を定期的に観返している身としては、こまめに連絡を取ってくれてファンに生存報告してくれる末っ子マジありがとう!なのであります。

 

ですが正直なところを言ってしまえば自分は、メンバーとは個々のVTR越しの挨拶になってるのが未だにしっくりこず。なんか回りくどいし、不自然だし。もういいじゃん、4人で一緒にいてしゃべったって!といよいよ思ってます。ダメですかね? 大ちゃん大好きだし、5人の嵐も大好きだから尊重してるけど。「嵐の活動が休止中だから」っていうのもわかるけど。だからって4人でいることをそんなに否定しなくてもいいんじゃないの?と。やっぱダメなのかね?  休止になってからはいつもデフォルトで寂しいんだけど、今回の会う約束を口々に話している3人見ていたらやっぱり切ない。あーあ。お祝いエントリなのに愚痴っちゃったじゃないか。ダメだな、さくよ。

 

とにかく。今は来年の家康が楽しみで待ち遠しいわけです。

スーモ潤も、佐川潤も、おじゃる潤も喜んで観ていますし、ネトフリもFC限定配信動画も定期的に覗きに行ってますけど。やっぱ、観たことない姿でしゃべって動いてる潤くんはいいよね。生じゃなくても新鮮味があるわよね。

 

お仕事ではいつも全方向に気を配って一生懸命生きている松本潤くんが、共演者の方々やスタッフさんなど周りのみんなに愛されている姿を見ていると幸せな気持ちになります。どうか、今後も潤くんのまわりに心温かき人たちがたくさんいますように! 

ファンには特に細やかな心で接してくれて、なにかとフォローしてくれる潤くんの言葉に触れられるEnjoyも自分にとっては癒しです。ありがとう。

姿がみれなくても、いつも自分たちは潤くんに愛されているな。という実感しかないなんて。本当にファン冥利に尽きます。幸せです。

 

次のお誕生日を迎えるころまで余裕で続きそうな家康の撮影。その貴重な日々を心から楽しんで過ごせますように。どうか体を大事にして、プライベートでも充実した時間が過ごせますように。応援しております!

あらためまして。

潤くん、お誕生日おめでとう~~!!!!!

かわいいじゃないか

「TANG」のパネルを横目に、怪獣たちと人生初4DXで「ジュラシックワールド」を眼鏡を買って鑑賞してきたさくです。イナゴ、やばし。恐竜より怖い。毎日死の危機を感じる暑さですが、お元気ですか?  

先日、やっと「TANG」を母と一緒に見てこれました。今回映画の内容に関してはほとんどTVCMで流れてくる情報しか入れずに行ったのですが、想像以上のゆっくりテンポのほっこりストーリー具合で。タングのかわいさに痺れて帰ってきました。

 

内容に触れますので、知りたくない方はここから先は読まないで下さいね。

 

 

 

まず、健たちの住む世界の作りこみ方や空気感が我々には懐かしい感じのする80年代あたりの映画の匂いを感じて。都会であろうと田舎であろうと、今の現実の世界からみるとしっかりファンタジーになっている匙加減が自然なのがよかった。

そして、健のお姉ちゃんの濃いめのキャラもカッコよかったし、お嫁さんの絵美ちゃんは健気でかわいかった。ダメダメな健がみんなに愛されているのがよかった。

で。タングが想像の遥か上を行くかわいさで。見終わってから、これは誰が声をやってるんだろう?と。あの絶妙な拙さというか幼さというか、純真さというか。徐々に学んで言葉が増えていく感じとか。あざとくならないあの加減でタングを産みだせたことが、この映画の肝だなぁと思って。逆に子供にはあれはできないだろうから、声優さんか、役者さんだとして誰なんだろうね?と母と話していたのだけど。なんと! にのちゃんだったなんて!! めちゃ驚きましたが納得。そして、あれをしゃべってるにのちゃんを想像したら....。どっちにしたってかわいすぎるし。言葉にならず身もだえだわ。それを知ったら、やっぱりもう一回見に行きたくなっちゃいますな。

そして一見いい人そうだった博士の取りつかれぶりが怖くて。戦う時の健の受ける衝撃。それ死にませんか?な勢いとか、タング壊れちゃうっ!ってなった時の健の言葉に、なぜか”たえちゃん”が心の中に浮かび。「かえろ」って話しかけるくろのくんを思い出したさくです。きっとあの時タングに言った一言は、にのちゃんのアドリブに違いないと思ってます。

オープニングのゲームに没頭するどうしようもないダメ夫ぶりの時でさえ、ショートパンツにゴーグルで戦ってる絵がかわいすぎて。こりゃダメダメぶりも霞むレベルだなと。監督、にのちゃんのすぎるかわいさが誤算だっただろ? と聞きたいくらいで。最後ふたりで家に帰って来てからのタングと健のやり取りもかわいくて。エンドロールの映像もかわいくて。いやお前、ずっとかわいいしか言ってない(笑) でも、本当に端々にほっこりかわいいが溢れてるので。観て幸せな気持ちにさせてもらいました。

それとマイファミリーでも、この映画でもにのちゃんが新しい命を迎えてパパになる姿を疑似的にでも見せてもらえて。こんなに現実にリンクしたサービスってあるんですかい?と。個人的にはお得感を感じずにはおれません。ありがとうございます。

 

 

 

雷ゴロゴロ、アラシゴトいろいろ

週末は尋常じゃない雷さまのゴロピカライブで二時間ほど家じゅうのあらゆるコンセントを抜き。やることがないのでヨギのように瞑想したついでに昼寝をしたさくです。ほぼ昼寝です。

 

まず。おじゅんがコロちゃんになったということで。あれだけ大勢の人たちと休止前からずっと仕事をしてきて、よく今までかからずに来たよ。というのと。今もまさに撮影真っ最中ということだから、きっと本人はすごく気にしているだろうね。でも、今はとにかくゆっくり休んで。とにかく後遺症がなく、すっとまた元気になってくれたらと祈っておったさくです。無事に事務所からの報告があり、ほっとしたところへenjoyの更新! おじゅんから直接言葉をもらえて、じんわりと胸があたたかくなりました。

 

そして、相葉ちゃんのご懐妊のニュースもあって。とてもおめでたいニュースなんだけど、個人的にはそういうのって報告するにしても無事に生まれてから報告したいよね? 週刊誌とか、そういうのマジ考え無しで己の利益のことしか考えてなくて嫌いです。今年の夏は長くて暑いし、妊娠後期母子ともに健やかに過ごせますようにと祈るばかり。嵐さんはみんな、全員いいパパになるに違いないのだけど取り分け相葉ちゃんのパパぶりは頼もしいものがあるだろうなぁと。勝手に想像して頬が緩みます。にのちゃんはお姫さまだったけど、相葉ちゃんには王子がやってきそうっす。

 

で。にのちゃんの「TANG」いよいよ明日から公開おめでとう! 想像をはるかに超えた雑誌やTVでの出演があって嬉しい。まだ録画だけしてあって見れてないものがいっぱいあり、24時間TVまでには消化できたらと思っとります。林先生のインタビューとか、まだ後編もあるので楽しみですな。ジャにのちゃんねるは、基本その日のうちにしっかり見てます。

 

今日から我が家には妹の怪獣たちが襲来。週明けまで占拠される予定なのでアラシゴトもお預け。TANGも見に行けるのは来週になりそうです。毎日あっついですけど、みなさんも体に気をつけてお過ごしくださいませ!

にのちゃんはエンターティナー

にのちゃんのカバーアルバム。個人的には、ほんとうにしみじみと、にのちゃんが自分の思い入れのある”好き”な歌を唄う機会が作られてよかったなぁと思っています。そして、それをファンが手に取るチャンスを作ってくれたことに感謝であります。その上、一般の方々にも”二宮和也の声”に触れてもらえる形としては、あえてオリジナルじゃなくてカバーアルバムだったことが最善だったかな。それは本家の方から、本家のファンの方、一般のリスナーさんなどなど。多方向から上がっている反応のよさが物語っていて。この企画大成功じゃんか! と感心しとります。

 

「〇〇と二宮と」

・君と僕の挽歌

にのちゃんの声を浴びるって感じ。この声量はもう、舞台俳優のそれですよね。しかも、かなりでかい舞台の。もともとよく通る声だからね。言葉がクリアに届く感じとかがもう曲を聴くというより、お芝居の一幕を耳で楽しんでいるような。

 

・Walking with you

原曲からのアレンジがとても好きです。音数がシンプルになった分、メロディのきれいさが際立って聴いていて耳が気持ちいい~。

 

・Pretender

裏切られ感ダントツ1位! 振り切り具合がすごくて(笑) 原曲の印象が、未練たっぷりなのにあきらめるために自分を傷つけながらも後ろ向きにじわじわ遠ざかる。という自分のなかのイメージだったわけなのだけど。にのちゃんのコレは、なんてサイコな仕上がりなんすか! ♪もっと違う性格で~ から、どんどここっちに向かって来やがる。♪グッパイって言う割に全然遠ざからない。まったくあきらめを感じない狂気を感じました。はい。ちょっとそのギャップがおもしろくって初聴の時に車の中で”こう来たかっ!”と笑ってしまいました。一瞬本家ファンの方に石を投げられやしないか心配になったけど。どうやらむしろおもしろがっている反応が多いようで。そんなみなさんの感想をいくつか読ませてもらって、かなり楽しかったです。しばらくしてから、そういえば本家はどんなだったかな?と聞いたら、皆さんもおっしゃっていましたがとってもスローテンポかつ柔らかな物腰に感じて。有無。やっぱニノテンダーの解釈はぶっ飛んでいておもろい。

 

ひまわりの約束

いやぁ前曲でちょっと興奮して走っちゃったとこに、この落ち着く一曲。もう日本茶です。縁側で飲んでます。一曲目の「君と僕の挽歌」の時のように原曲から大きく離れないところにあって。アレンジのアカペラが素敵。そうなると、やっぱり同じように際立つのがにのちゃんの声で。さかいさんや秦さんの柔らかい声は、聴く人をその人の心の中へ浮遊させる力があるよなって思うのに対して、にのちゃんの声はついつい聴き入ってしまうのよね。それは彼が自分にとってアイドルでファンだからゆえ仕方のないことかもしれないけど。

 

・Attitude

ラジオで聞かせてもらってから、どんだけ聞いたことか。もはや本家を忘れかけるくらい聞いてきたけど、今回のアコーディオンの音がいい感じ。で、ラジオの時よりもにのちゃんの声、さらに強くなって登場。やっぱ魂が役者なんだよなぁ。ヴォーカルっていうより主演って感じの方がしっくり。

 

・想うた~愛する人を想う~

これはまず、ha-jさんの声がめちゃくちゃいい声でびっくり。しゃべってるだけの声がもう声優さんクラスの声の持ち主だった。ha-jさんは嵐さんもたくさんお世話になってますよね。なんか知らんけど思わず”ありがとうございます”という気持ちになるさくであります。 ピアニカいいよね。 原曲のキヨサクさんの声は野太いけどいいゆるさがあって、力強いのに包容力があって温かくて大好きです。と、にのちゃん以外の人の声の話ばかりしてごめんなさいよ。この曲は唯一、なんでこのアレンジにしたのか裏話が聴いてみたい。あえて全編強い調子で歌い切った意味というか、にのちゃんの中のストーリーを。ワシはなんだかこれを聴いてると、心の中に大ちゃんが浮かんでくるのよね~。

 

・廊下を走るな

表現力がえげつない。やっぱ強ぇな。出だしのドラムがすごい好きです。かっこよい!  原曲の世界も素晴らしくて好きです。にのちゃんVerのこのアレンジは「廊下を走るな」へのリスペクトをガツンと感じます。で、何度目?と思うけど、やっぱり思う表現者としてのにのちゃんの才能。日食さんが聴いて喜んでくれたのをTwitterで知りました。よかったね、にのちゃん!

 

HONEY BEAT

にのちゃんにとって思い入れの深いV6兄さん。数ある名曲の中から選んだ一曲がこの曲だっていうだけで自分としては奇跡と運命感じちゃってます。*1しかも今回のストリングスとピアノのアレンジがいいっ! メロディがきれいな曲って、どうアレンジしたって死なないのかも?とは思うけど。とても素敵な仕上がりで、にのちゃんの声に優しさが滲み出ていて、楽曲と兄さんたちへの格別な愛を感じました。

 

 

ただただ歌が上手いから歌ってみた、みたいのとはしっかり一線引かれているこのカバーアルバムのスタンスがとってもかっこいいと思ったさくであります。にのちゃんは作詞作曲もするわけだけど、やっぱりいわゆるミュージシャンの方々とはきっちりと線を引いてある感じがあって。生まれも育ちも心意気も、やっぱりにのちゃんはエンターティナーなのだよ。じゃなきゃできない領域の歌なんだよなぁ。というのがこのアルバムを聴いた感想。

 

*1:なんだかんだ言ったとて、自分の中のV6兄さんのNo.1はこの曲なので。どこを切っても歌詞もメロディも大好き。毎回感動するし、調子いいと泣く始末。これ作った人たち天才!