あらしさんのこと ひとりごと 

大好きなあらしさんのこと 思ったこと 覚書

ラーゲリより愛を込めて

昨年公開翌日、仕事終わりにその現地の映画館で初見。最近大型のショッピングセンターのシネコンでばかり映画を観ていたので、タイムスリップしたのかと思うくらいのすごい小さくて昭和な映画館。夜になってからの回だったからなのか、なぜか一人酔っ払いみたいなオジサンが後方の席にいて。ずーーーーーっとブツブツ怒っているようで。小さな声でヤジを飛ばし続ける中、鑑賞。こういう時、飛行機みたいに座席に係員さんを呼ぶボタンがあったらいいのに!って真剣に思いましたさ。静かな映画なので無視したくてもずっと邪魔されてる感じがあり、集中して見れなかった残念な初見だったんですけど。後半は涙が抑えられなかったです。これは映画館では泣けない自分にとってはすごいことでした。

圧倒的な主演だけの映画ではなくて、出演者全員の存在感が素晴らしかったのも胸を打たれた。時代を越えても見ごたえのある、とてもいい映画だなと思いました。

 

年が明けて。正月休み明けの週末。今度はいつも行くシネコンへ観に行きました。嬉しかったのは、公開から1ヶ月たっていたのに、観客席がけっこう埋まっていたことです。年齢層も幅広く、ご夫婦、若いカップル、お友達同士。ご年配の男性や、いろんな年代のおひとりさまもたくさん。一回目の失敗があったので、とにかく周りにひとしきり人がいない席を選んで観覧しました。やっぱり雑音がないって、素晴らしい。っていうか、コメディとか楽しいストーリーの映画なら他のお客さんと笑ったりするのはむしろおもしろいんですけどね。

でもって結果。今回はもう大号泣っていうでしょうか。もう嗚咽ですよね。自分でもびっくりなくらいで。涙をふくつもりで手にしていたタオルで、渾身の力を込めて口を塞ぐことになりました。大げさじゃなくて、自分史上一番泣いてしまいました。前回どんだけ気が散ってたんだっていう話でもありますが。

辛くて惨くて悲しくて。でもこれが実際にあったお話で。60万人近くの人たちが体験し、そのうち6万人近くの人が亡くなられているのだから。劇中、ベッドの上の幡男さんの言葉が重く響きました。地球上のどんな人でも、こんな経験は誰もしなくていいから。みんなで平和な世界を目指して生きようよ。と思いました。

 

先ほど、にのちゃんの主演男優賞受賞が発表されましたね。

おめでとうございます!!

自分としては、他のキャストの方にも賞をあげたかったですけど。お名前がなくて残念です。

授賞式は、3月10日。「流浪の月」の主演の桃李くんも受賞で、一緒に登壇するのも楽しみです。

 

lageri-movie.jp

エルサ翔ちゃんHPB 41th

翔ちゃんお誕生日おめでとうでした!
このところあとからエントリーでごめんね。

しかし自分の誕生日に10年に一度の寒波到来し、エルサ櫻井がトレンド入りしてるって。なんか冗談みたいな流れがおもしろくて。すごく翔ちゃんっぽいなぁって思ってしまいました(笑)

昨年は、まさかFCの生配信決定に喜んだものの、なぜか声だけでお届けしてくれるラジオ的サービスは懐かしい気分になるやつで。一拍置いて。いや、映像あってもよいのでは?となったり(笑) それもなんか翔ちゃんっぽなぁって思っていました。

去年の紅白では、まさかのスペシャルナビゲーターとなり。審査員席の大河主役の潤くんと共演とか。まさかあの翔ちゃんがジャンボリミッキーをミッキーたちと全力で踊る日が来て、それを客席でおじゅんが観る未来がくるなんて。ご本人たちも言ってたけど、休止前には想像もしてなかったよね。

直近の嵐ジオでは、客席から松本潤がニヤニヤ見てるって言えば、見たくて見てるんじゃないとか言われてるのも。相変わらずのボケを潤くんにさーっと流されてるのもおもしろくて。冒頭いきなり瀬名になったのかと思えば、岡田師匠発の”俺の白兎”を俺も言いたい熱が抑えきれずに”我々の白兎さんっ!また会いましょう!(”使い方違うんだよな”)とか言うエンディングも。潤くんをかまいたい熱量が溢れてるのが、やっぱり翔ちゃんだった。

年明けてからはドラマ「大病院占拠」もはじまって。正直、家康とかぶっちゃってるからね。番宣とか本編も録画はしてあるけど、まだ全部見れてません。アクションも頑張っていらっしゃるご様子。精神的な痛手を負いつつも不死身な主人公の今後を見守りたいと思います。*1

メンバーともたまにはご飯をしてるようだし。その辺の話をまたどこかで我々にもシェアしてくれたら嬉しいですな。3月には「メネシス」の映画も公開されるし。相変わらず多方面に向けて大忙しの翔ちゃん。どうか体を大事にして、今年もよき一年にしてほしいです。

改めて、翔ちゃん41歳のお誕生日おめでとう!☆彡

 

 

*1:地味に自分の子供に避けられてるシーンが、どっちもかわいそうで話の本編に戻りずらかったわ

殿

どうする家康 はじまりましたな。

しっかと関連番組含めて楽しませてもらっておりまする。

 

主役って成長に合わせて何人か登場するものですけど。13歳から潤くんが演じるとは、なんとチャレンジャーな(笑) しかも第一回目に、その部分が大量に詰め込まれており。ナレーションのいじりっぷりも含めて、今までの大河にはないユーモアを感じてわくわくしました。

オープニングも軽やかで、今までの”ザ・大河”的な荘厳な映像や音楽じゃないところも今回のドラマのカラーを表現しているのだろうなと思うと、新しい大河という感じがして楽しみ倍増。

実は、ここ40年くらいの大河は、ほぼコンプリートしている自分。小学生の頃からの大河ファンでございます。といっても歴史は全然詳しくなく覚える気もなく(笑) 時代劇が好きなだけなんですけどね。服装とか言葉とかその時代の価値観とか、単純に人々の暮らしを見るのが好きなので。歴史上の人物や事件の解釈とかは二の次です。ドラマごとにキャラクターの解釈が変わって表現されるのも面白いと思って見ている方。

だから今回の家康は非常に楽しみ。なぜなら、前回の家康をよく覚えているから(笑) すごい子供だったんですけど「こんなに我慢しなきゃいけないのかぁ」と。とにかく家康を不憫に思った記憶があります。なので、自分の中の家康は”狸親父”というより”不憫な境遇を生き抜いてついに天下泰平にたどり着いた人”かな。今までの大河でも何回も脇役で家康は登場しているので、そのシーンとかもオーバーラップして楽しそうだし。風間ぽんのあのシーンはここか!みたいなのもできそうだし?

 

初回は自分でおもちゃを作って自分の世界で遊ぶ少年から、瀬名という伴侶を得て子を授かり一人前の男になるためのはじまりまでがもう視聴者としては大忙し。潤くんだけでなくまわりの俳優陣も、実際の年齢とかを思い出して脳内変換したり。セットや衣装から物語を想像したり。いやぁ、楽しかった。ぴょんからはじまって、待ってろ俺の白兎まで。怒涛でした。岡田師匠信長やばいっすね。

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

まず反省から(笑)

昨年、後半はジブンゴトで時間を取られて、すっかり嵐さんのことが棚上げになってしまい、ここに立ち寄る時間を作れないで終わってしまいました。おかげで大掃除はかなり完璧にできました。とはいえ、潤くんゴトには何が何でも食らいついていきたいと思ってなんとか追いついていたのですが。年末の生配信のアンケートは締め切りを忘れてて送れず。痛恨の極みでした。

休止に入って丸二年がたった今では、メンバーに対する自分の応援する気持ちが何も変わらないとは言えないのも正直なところです。好きですよ?大好きですけど。なんだろう、追いかけるスピードが落ちたというか瞬発力がなくなったというか。よく歳かな?って自分に思う感じと似ているかな。自分の中ではっきりとわかっていることは、5人の嵐を越えるものがないからだろうなと。これはもうしょうがない。

年末クリスマスに送られてきたサプライズの封書も、ふかふかした手触りを感じた瞬間に中に守られているものの存在が、自分たちファンへの贈り物だということが伝わってきて。開ける前から泣きそうな気持ちになって。実際ちょっと涙がでちゃいました。*1

今年は一年中、潤くんというか家康に会えるのでファンとしては昨年より、より元気に過ごせそうだということがわかっているのでワクワクです。

FCにあがっている、昨年のクリスマスの動画もまだ潤くんしか見れていないのでゆっくり愛でたいと思います。

 

いろんな意味でスローペースになっているけれど、ここはゆるゆるこのまま続けていけたらと思っております。新しい一年が、メンバーとファンの皆様にとって幸多きものになりますように! 本年もよろしくお願いいたします。

*1:その後の生配信中にうっかりすっかり忘れていた潤くんがいて。忘れてんのか~い!ってズッコケましたけど(笑) 忘れてたことに気づいたお茶目な表情が見れたのでよしとします。アーカイブから消されてるらしいので残念

相葉ちゃん、お誕生日おめでとう!

相葉ちゃんも40歳ですね。

パパにもなったし。大きな変化の一年だったでしょうね。
それでも。相葉ちゃんは、どんな場所でもどんな人と一緒でも相葉ちゃんであって。

内側ではいろいろ思うところもあるんだろうけど、常にオープンハートで人と向き合えるところが本当に素晴らしい人だなぁって思ってます。

 

何気に短いけど「サンデースポーツ」のインタビューのお仕事が楽しみです。

もちろん安定の「マナブ」も好きだけど。ここ最近では、ちかさんとのやり取りが白熱しがちな「レコメン」も(笑) TVにはない砕けた空気が好きだし。ちかさんがツイッターにアレコレ写真をあげてくれるようになったから、それを見るのも楽しい。

 

お休みしている嵐が、いつ再開してもいいように”準備”しているという言葉が、本当に嬉しかったな。

 

相葉ちゃん自身のためにも、大切なご家族のためにも、嵐のためにも。そして私たちファンのためにも、ずっと元気でいてほしいから。やっぱり大ちゃんの言葉を借りて、『健康第一!』素敵な40代を過ごしてくださいね~!

今日は12月9日だけど、11月26日お誕生日のあなたへおめでとうと言わせて。

バッタバッタで過ごして、ふと何か忘れてるな? と。夕べ、気づいたの。

12月9日はにのちゃんの映画「ラーゲリより愛をこめて」公開日。それは知ってる!

おめでとう!! にのちゃん!!!!!

 

でもですね、まさかのですよ?

大ちゃんのおたおめエントリ、すっかり忘れとった~!(ここで吉本新喜劇バリに盛大にコケたい)
公式さんのインスタやらツイッターやらに喜んで、みんなのおめでとうメールにほっこりしたり泣きそうになったりし。智だちとLINEでのやり取りで誕生日当日の段取りなどに夢中だったワタクシ。

当日は彼の日にスイーツ部が食べてた苺のケーキを購入した後、Hちゃんと合流。銀座で嵐さんが食べてたカレーでランチし、カラオケ屋さんでHちゃんが編集した智ソロコンプリートDVD を観賞し。ケーキを食べて♪ハピバを歌い。その後、丸ピカに映画も観に行き、別れる前にビールで乾杯もした。智誕生祭、やり切ったと思ったのに(笑) こんなすっかり忘れることってあります? 怖いわ~。

でも楽しかった! 久しぶりにアラシゴト&サトシゴト満喫した。ディスプレイのバースデーケーキまで自作してきてくれた Hちゃん、ありがとう~✨

 

 

というわけで。本題。

大ちゃん、42歳のお誕生日おめでとうだった!

きっと、ファンのことか事務所の要望とかを考えなくていい、本当に自分がしてみたいヘアスタイルで。好きなだけお鬚も伸ばして。もはやそもそもそんなに興味もないかもしれないけど、着たい服を着て。やりたいことを毎日気の向くままやっているであろう大ちゃんへ。たまにはなんか無茶して風邪ひいたり。友達と遊んだりしているのであろうが。たまにはメンバーと連絡をとったりご飯を食べたりしているだろうか。

どうか、毎日幸せでいておくれ。健康第一! それ以上に今の大ちゃんに願うことはないですよ。産まれて来てくれてありがとう! 思う存分生きたい日々を過ごして下さい! こちらは相変わらず、ずっと大好きですよ~!

 

本当に。大ちゃんは大ちゃんの思ったように生きればよい。そのうえで、ファンの心のなかにはずっと貴方がいるんだということを幸せに思っていて欲しい。大ちゃんの気持ちは想像でしか語れないけど。ファンの思いは、地味にこれからも伝え続けていきたいなと思う。「またね」の場所がどこかいつかはわからないけど。「またね」を待っている、再会を望んでいる思いがあるんだということは、これからも伝えていきたい。*1

 

 

*1:そういうの”大ちゃんの重荷になる”という意見の方もいるでしょうが、自分は伝えたい方です。

にのパパおめでとう!

にのちゃんにふたり目のお姫様がやってきましたね!
にのちゃん、おめでどう!!
中丸君曰く、にのちゃんをギュッとしたようなかわいらしさですって~♪

もちろんメンバーにもお知らせ言ってるんでしょうよね? どんなふうにお祝いしてるんだろうなぁ。

 

いやぁ、しかしですよ。にのちゃんの姫ですもの。そりゃめちゃくちゃにかわゆいでしょうなぁ~。しかも相葉ちゃんのところの王子と同級生じゃないですか! さくは秒で妄想の旅に出ました。嵐jrたちがばぶばぶしてて、その傍らに幸せそうに笑っている嵐さんを想像してみると。ものすごい幸福感です。←おまえ誰?(笑)

こんな間接的にも幸せのお裾分けを頂いちゃって嬉しいです。

どうか、健やかに元気に成長されますよう。心からお祈りしております!